コラム: ドクターストップ 🩺

  • 2020.09.03 Thursday
  • 23:51















アドレナリンが出ていて


負傷を顧みず、闘うアスリートさん。















違法な攻撃を止めてくれないジャッジ

















それは、まるで台風🌪

(ベストキッド2は衣装に注目)












///////////////////















けど 


試合が終わると消えるんですけどね。


















チートにご注意🙏



「psycho〜」



















PS:








九州、韓国が


台風で無事でいますように🙏










映画「Cured」🎥

  • 2020.09.03 Thursday
  • 10:02













メイズ・ウィルスという新種のウィルスがヨーロッパで大流行した。メイズ・ウィルスに感染した者はゾンビのような風貌になり、残虐性が増幅されるという症状を示した。メイズ・ウィルスは特にアイルランドで猛威を振るった。しばらくして、メイズ・ウィルスの治療法が発見され、感染者の75%を治療することに成功した。75%の人々は治療済みというグループに区分され、治療が効かなかった残り25%の人々は「感染者」というグループに区分された。「感染者」たちは収容施設に隔離されていたが、世間は「『感染者』を生かしておいたら、またパンデミックが起こるのではないか」と不安視していた。

セナンとコナーは治療が効いたお陰で体調を回復し、社会復帰を果たすことになった。ところが、治療済みの人々の社会復帰を監督するカンターは「彼らが社会復帰するとなれば、社会で暴動の類いが起きたとしてもおかしくはない」と考えており、治療済みの人々に対して敵意を剥き出しにしていた。セナンは義理の妹、アビーの家に身を寄せることにした。アビーから「夫のルークの行方を知っているか」と尋ねられ、セナンは「知らない」と答えたがそれは嘘であった。ルークは自宅でウィルスに感染していたコナーに殺害されたのであった。セナンはアビーの心の平安を考え、敢えて真実を伏せることにしたのである。

治療済みの人々はゾンビ状態になっていた頃に何をしたのかをはっきり覚えており、それが原因でPTSDに苦しむ人が多かった。弁護士だったコナーは法曹の世界で職を探していたが、なかなか見つからなかった。また、ゾンビ状態のコナーがやった残虐な行為のために、家族からも拒絶される有り様だった。コナーは同様の理不尽に直面した治療済みの人々を集め、地下組織を結成し、失われた市民権の回復を求める運動に従事するようになった。

感染症の専門家が「感染者」にも効くワクチンの完成に全力を注ぐ中、政府は「感染者」たち5000人を安楽死させる計画を進めていた。その頃、セナンは「感染者」が隔離されている病院のスタッフとして雇用された。「感染者」の様子を観察している内に、セナンは「感染者」が治療済みの人々には敵意を向けないということに気が付いた。治療済みの人々が徐々に社会復帰し始めると、社会のなかに軋轢が生じた。ウィルスに感染したことのない人々が「治療済みの人々が社会に出てくれば、またしてもメイズ・ウィルスが流行するのではないか」と騒ぎ始めたのである。

そして、ある事件をきっかけに、社会は再び大混乱に陥ることになった。









///////////////////////















めっちゃ楽しみにしていた作品なのですが

















Netflix 「コブラ会」を見ていたので


笑ってしまって........🤣























まじで.......強烈🤣🤣

























ちなみにシーズン1で勝利したコブラ会、


シーズン2 事故で昏睡状態に.....🚑






















PS:





 

   

Netflix 一強になりそうですね。





















categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM