Blade Runner 2022 : Black out

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 01:30

 

 

 

 

 

 

本編

 

【渡辺信一郎監督による前奏アニメ解禁!】「ブレードランナー ブラック ...

 

 

 

 

 

 

 

 

映像の舞台は、「ブレードランナー」の主人公・デッカードが

恋人・レイチェルを連れて姿を消した3年後である2022年。

「ブレードランナー」の舞台だった2019年と、新作「ブレードランナー 2049」の

舞台・2049年との間の「空白の30年間」の中でも、

特に重要な鍵を握っている「大停電(ブラックアウト)」が題材となっています。

登場するのは謎の男・イギーと美少女・トリクシー。2人は労働力として製造されている

人造人間「レプリカント」であり、

レプリカントには人間に比べてはるかに短い寿命が設定されています。

そこで、2人は「人間になる」べく、大停電を起こし、

偽のコードで核弾頭を発射させ、電磁パルスで

すべての電子機器をシャットダウンさせてレプリカントにまつわるデータをすべて抹消することで、

人間とレプリカントの境界線をなくそうと考えます。

 

 

 

渡辺信一郎が「ブレードランナー」の3年後を描いた短編アニメ公開(動画 ...

 

 

 

 

 

 

 

 

//////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「偽のコードで核弾頭を発射させ、電磁パルスで

すべての電子機器をシャットダウンさせてレプリカントにまつわるデータをすべて抹消」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北朝鮮は、核弾頭の発射受けおい屋」のイメージ。

 

到底、核弾頭オタクで寝ても覚めてもではなく 自称:ビジネス軍人だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりは、核弾頭発射注文した馬鹿者は

 

電磁パルスが なんちゃらで自由になると思い込んでいる

 

テロリスト教団野郎というわけである。

 

 







 


危険のサイン: ジェニシス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:

 

 

 

 

 

インド 無許可の花火工場が爆発し、9人が死亡しました。

 大きな爆発音が鳴り響き、人々が逃げ惑っています。24日、インド東部ジャールカンド州で、

花火工場に保管されていた花火に火が付いて爆発しました。爆発は夕方から深夜まで続き、

工場の中にいた従業員9人が死亡しました。

この工場は、大量の花火が使われるヒンドゥー教の祭りに向けて許可を取らず、

違法に花火を製造していたということです。

インドでは安全基準を満たさないまま違法に操業する花火工場が多く、

事故が多発しています。
 

 

 

 

 

 



参照: 九龍の眼 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM