ラスベガス銃乱射事件

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 02:01

 

 

 

 

 

 

 

パドック容疑者を銃乱射事件に駆り立てたものは何だったのか。

その足跡を追っても謎は深まるばかりだ。

 ラスベガスから北東に120キロ離れた砂漠の町メスキート。

55歳以上の退職者を対象にしたコミュニティーに、容疑者の自宅はあった。

新しい感じがするこの家からは2日、警察が銃器19丁、数千発の弾薬、爆発物を押収した。

家宅捜索の際に引きはがされた車庫の扉は地面に置かれたままだ。

 日が暮れると、コミュニティーの人通りは絶える。

容疑者宅の両隣には「取材お断り」の張り紙があった。

近所を散歩していた元軍人のゲリー・カルバーさん(64)は

「静かで安全。だからここに住んでいる。

あんな事件を起こす人間が住んでいたなんて信じられない」と話した。

容疑者のことは知らないという。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、

パドック容疑者は自分のことを「スノーバード」と呼んでいた。

渡り鳥のように冬の間だけ、暖かいネバダ州や西部アリゾナ州などで暮らす避寒者のことだ。

元会計士で、複数の不動産と飛行機2機を所有し、

ギャンブルとゴルフ、クルーズでの旅が趣味だった。離婚歴は2回あるが、犯罪歴はなかった。

同居していたフィリピン人の女性(62)は2003年からネバダ州に住んでおり、

北部レノのカジノで高額利用者の接客をしていたという。

 一方、容疑者の父親ベンジャミン・パドック氏は1960年に銀行強盗をして逮捕され、

68年にテキサス州の刑務所から脱獄。

70年代に再逮捕されるまで、連邦捜査局(FBI)の「お尋ね者」だった。

当時の新聞には「過去の犯罪で銃を使い、

逮捕を逃れるために暴力を使い、サイコパスと診断されている。非常に危険」という

捜査官のコメントが掲載されている。

 容疑者を含む4兄弟は父親は死んだと聞かされ、母親の手で育てられた。

南部フロリダ州に住む弟のエリック・パドック氏(55)は、

容疑者は不動産ビジネスで財をなしたと説明。

事件について「家族の上に隕石(いんせき)が落ちてきたようだ」とショックをあらわにした。

容疑者は他の兄弟とは疎遠だったとみられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

<ラスベガス乱射>容疑者、不動産と飛行機所有

 

 

 

 

 

 

/////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

史上最悪のテロ事件。

 

フランス、イギリスに続き

断じて許されない狂気の犯行。

 

 

 

 

 

 

 

高級ホテルの上層階宿泊や、多数の銃器からも

計画的 無差別テロに思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「許せない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:

 

 

 

 

 

 

【『ブレードランナー 2049』の前日譚】

 

「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM