短編小説「執事の犯行」

  • 2017.12.16 Saturday
  • 18:00








〜フィクションです〜






ゼネコン王手 工業地帯のオーナー女性とその弟が自殺した。



鑑識では 自殺だったのだが、

弟の仲の良かった同僚によると、恨み節があり


教育係の専務連中の横暴な態度に怒りを震わせていたようである。






さらに不思議な点は、二人は 自動車の中で他界していたようなのだが

後部座席に並んで座っていたのである。







普通は、オーナーともなると運転手が送り迎えするはずである。


内部事情や行動パターンを把握できる執事が容疑者として浮上した。


執事との愛人関係疑惑も浮上している。








執事は、事件後から 失跡している。




情報屋の話によると、


専務理事連中が姉オーナーを言葉たくみに操って

経営実権を握られていたとか,,,,,,。










数日後、


コンビナートで大爆発事故が発生。




現場から容疑者の 執事の遺体が発見された。









その後 専務たちは、逃げるように辞任した。






東南アジアへ進出予定の役員の乗った

ヘリコプターは墜落し 帰らぬ人となった。










彼らへの呪いは 後世まで引き継がれるはずである。














_
















あとがき.....








表向きは、小沢一郎のクーデターのようだが

怪しいのは、増田 寛也な パルパタイン。









なぜなら当時、現地で

小沢一郎なんて名前聞いたことがない人が大半だったから。









ちなみに 酒屋の グレートサスケの素顔は、松井秀樹 似。












平成29年12月16日03時01分 気象庁発表
16日02時58分頃地震がありました。
震源地は岩手県沖(北緯39.7度、東経142.1度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.4と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。








EX)





続きは 2018年へ










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM