騙す街

  • 2018.09.13 Thursday
  • 06:09













何十年も 言いなりになり続け


挙句、嘘を並べられていたと知った老人。







もう言いなりになんてなるか! では済まず、



残り少ない時間で復讐を開始させる。









数十年 耐え抜いた辛さをこの世のものとは



思えないほどの恐怖で お返しする話。










//////////////////////














絶命前に



一番大事なものを 奪うと思われる。
















相手に最も恐怖を与える方法で.......
















PS:








:16)すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、:17)それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。





= 街の人々の半分が消える















ローマ法王「来年の訪日を検討」 実現すれば38年ぶり



ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は12日、バチカンを訪問したカトリック系団体「天正遣欧使節顕彰会」の関係者と面会し、「来年に日本を訪問しようと考えている」と語った。訪日が実現すれば、ヨハネ・パウロ2世が1981年に広島、長崎などを訪問して以来、38年ぶりとなる。

 フランシスコ法王は被爆地がある日本に高い関心を寄せてきた。昨年末、被爆直後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、バチカンの教会関係者らに配布。今年6月には、法王の相談役を務める高位聖職者の枢機卿に、大阪大司教の前田万葉氏が日本人としては9年ぶりに就任した。

 法王の訪日はこれまでも検討されてきた。2017年には日本政府の訪日要請に対し、バチカン側が「前向きに検討する」と返答。今年5月にも長崎市の田上富久市長が、松井一実・広島市長と連名の親書を手渡したところ、法王から「広島と長崎は私たちの世界に希望の光をもたらす」との返書があったという。
















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM