短編ホラー「リストランテ」

  • 2018.11.09 Friday
  • 01:42






〜フィクションです〜







ある日、バイト先のリストランテに


 有名人が来店した。




テレビ局で うやむや があったのか



宴は 怒号飛び交う乱闘騒ぎに......。







それを察した私は、場を和まそうと


ハロウィンで使った仮装を着て仲裁し








呆れから場は和み、上司らしき人物に



名刺を渡され 芸能界へスカウトされた。






しかし 私は芸能界に興味が無く


丁重に お断りをした。








しかし 数日後、



相撲の力士のような男が 付け回し始めた。





付け回すというよりも、突然 前に割り込み



ずっと 行く方々で 等間隔に



精神病的に ストーカーしてくるのである。








うまく逃げ切っても 1ブロック先で 



当たり前のように割り込まれるのである










その行為が 数ヶ月 続き



思い当たる恨みが無く







バイト先での あの名刺のことだけが



気になった。









思い立ち 名刺の芸能事務所に



電話をかけてみると






あのタレントは、何者かに 包丁で刺され




数ヶ月前から 蒸発しているそうだ。









次の日から あの巨漢のストーカーが



突如として消えた。











理由は わからないが




バイト先の無知で偉そうな




リストランテは 閉店した🇮🇹












行方不明の タレントは、マラソンマン で





リハビリ すると言い残し外出、 帰らぬ人に。






♦♦♦
















あとがき........











「らち が あかん」 = 理解していない。













http://alan-smithee.com/?eid=5618
















去年6月、東名高速道路で「あおり運転」を受けて夫婦が死亡した事故で、危険運転致死傷などの罪で起訴された被告側が来月の初公判で「危険運転にあたらない」と無罪を主張することが分かった。

 神奈川県の東名高速で2人の命が奪われた事故で、危険運転致死傷罪で起訴されている石橋和歩被告(26)について、弁護側が無罪を主張することが明らかになった。あおり運転が社会問題化する契機となった痛ましい事故で一体、なぜ…。去年6月、あおり運転を受けたワゴン車が追い越し車線で停車したところ、後ろから来た大型トラックに追突されてワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)が死亡。娘2人がけがをした。直前まであおり運転を行い、ワゴン車の前に車を止めて進路をふさいで事故を引き起こし、2人を死なせたとして逮捕されたのが石橋被告だ。過失運転致死傷容疑での逮捕だったが、起訴内容はより刑の重い危険運転致死傷罪。これに対して石橋被告の弁護士は、危険運転致死傷罪は運転中の行為を処罰するもので、今回の事故には当てはまらないと主張するとしているのだ。弁護側が言うように、確かに石橋被告は事故当時、高速道路に降り立ち運転はしていなかった。しかし…。
 大澤孝征弁護士:「高速道路で普通、車を止めることがどういうことかを意味するかっていうと、後続車両にぶつかる危険性が多いから危険なんですよ」
 そう指摘する大澤弁護士は、危険運転にあたる「あおる行為」が事故の発端だとするのが検察側の考えだと推察する。当初の逮捕容疑、過失運転致死傷罪は7年以下の懲役または禁錮もしくは100万円以下の罰金。これに対し、危険運転致死傷罪は人を死なせた場合、1年以上20年以下の懲役と定められている。













オーストラリア南東部メルボルンの中心部で9日午後4時(日本時間午後2時)ごろ、男が通りで3人を刺し、1人が死亡、2人が負傷した。男は駆け付けた警官に撃たれて死亡した。警察はテロ事件として捜査を開始。









コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM