短編小説「分身のゾンビ群」🧟♀

  • 2019.06.07 Friday
  • 17:04







〜フィクションです〜







朝廷に反旗を翻した群衆。



巷の噂では、死人を甦らし



その群を操り 国を狙っているとのこと。








状況は 深刻で、突然 豹変しゾンビと化し


群衆化するそうである。









ゾンビと化した者は、朝廷側の民衆へ


無差別に攻撃を与えた。


取り押さえると、悪意が消え 凶暴性が消失。


術で人格が消えるようである。













朝廷は、3種類のグループの


存在を突き止めた。





つまり 数百人の敵が、


 三人に絞り込まれたというわけである。










占い師によると



三人の敵に対して、男女二人で


対峙しなければ



群衆化したゾンビの術は解けないそうだ。













朝廷からの全ての伝令に追跡調査を促し


三人の巣の地域を特定し、


退治に向かった。






一人目を倒したのだが、二人目の敵に対して


民衆の負傷者の救出に気をとられて


不意打ちを喰らい、避難することになった。








次鋒である女性は、無情にも


二人を一人で退治することなった。










雹が降り、落雷の中、分身のゾンビに


苦労しながら二人目の敵を倒した。





















あと一人が 大ボスのようである。















女性騎士は、覚悟を持って 油断せず












立ち向かうことを心に誓った。























あとがき.........










災害と交通にご注意ください。












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM