逃走犯 🍊 🚨

  • 2019.07.11 Thursday
  • 04:16











10日午後7時ごろ、和歌山市次郎丸のブックオフ和歌山次郎丸店の駐車場で、盗難届の出ているナンバープレートをつけた乗用車を和歌山北署の警察官が見つけ、乗り込もうとした男に職務質問をしようとしたところ、車は急発進して逃走した。車を制止しようと、警察官が運転席側の窓ガラスを割ったが、その際にガラスで手を切るなどして、居合わせた警察官3人が軽傷を負った。

 同署によると、逃げた男は30代ぐらい。進路をふさぐように止めていた捜査車両に車を衝突させたうえで逃げたという。車は白色のセダンタイプで、ナンバーは大阪市内で盗難届が出ていたものだったという。同署は公務執行妨害容疑で男の行方を追っている。













間違いなく アクセルとブレーキを踏み間違え


ではなく、やましい事があって逃走。










//////////////////////

















盗難車両ということは?












......... 白色のセダン



















⚽⚽























PS:

















C大阪・ロティーナ監督 大荒れピッチに苦言「何が起きたのか」



 「天皇杯・2回戦、C大阪3−1アルテリーヴォ和歌山」(10日、ヤンマースタジアム長居)

 17年度以来2大会ぶりの優勝を狙うC大阪は、5部リーグに相当する関西1部のアルテリーヴォ和歌山を延長戦の末に下した。

 C大阪のロティーナ監督は試合後の会見で「一つ心配なのはピッチ状態。何が起きたのか、ひどい状態だった」とヤンマースタジアム長居の荒れたピッチに苦言を呈した。ピッチは観客席から見ても芝生が剥がれ、土がむき出しになっているのが分かるほどの荒れよう。特にゴール前はひどく、一部分だけ芝生が敷く“応急処置”が施されていた。

 同会場は先週末に2日間、人気ヒップホップグループのライブが行われており、その影響もあったとみられる。ある選手は「相手も同じなので、それを言うと言い訳になる」と前置きしたが、「細かいゴール前の崩しなどは芝が良い方が精度は上がる。少なからず影響はあった」と語った。C大阪は13日の名古屋戦、20日の仙台戦と同会場でホーム2連戦を控えているだけに、指揮官の心中も穏やかではなかったようだ。










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM