噴火🌋と火災🧯

  • 2019.11.03 Sunday
  • 01:27








ラグビーは、イギリス敗退。


南アフリカの優勝🏆










🇿🇦




アマゾンの熱帯雨林で頻発する森林火災が世界中を心配させているが、NASA(アメリカ航空宇宙局)が公開した世界の火災地図で、アマゾンよりもアフリカで起きている火災のほうが多いことが判明した。SNSでは対策を求める声と批判が噴出しているが、アフリカの火災にはアマゾンとは異なる事情があるようだ。

◆アマゾンよりひどい? アフリカ放置にSNSの批判噴出
 NASAは、世界の8月の一日平均の火災発生件数は1万件で、そのうちの少なくとも70%がアフリカで起きているとして、アフリカを「火の大陸」と呼ぶ。NASAの8月の特定の2日間の火災を記録したデータでは、アンゴラの火災は6902件、コンゴでは3395件だったのに対し、ブラジルでは2127件だった(BBC)。














【3月22日 AFP】(写真追加)アイスランドで21日未明、エイヤフィヤトラヨークトル(Eyjafjallajoekull)氷河にある火山が噴火し、溶岩や火山灰の影響で近隣住民が避難を余儀なくされたほか、航空便は全便が一時欠航となった。これまでのところ、物的、人的被害の報告は出ていない。

 噴火が起きたのは、首都レイキャビク(Reykjavik)から東方約125キロメートルの人里離れた場所にある地点。アイスランド当局は、噴火の熱で氷河が溶け出し洪水の恐れがあるとして、近隣地域の住民に避難命令を出し、600人あまりが避難を余儀なくされた。現地では3週間ほど前から、地震が続いていたという。














////////////////////////

















大火により焼損した首里城(那覇市)。正殿などの再建に向け、玉城デニー知事は「全身全霊で取り組む」と明言し、国も前向きだ。ただ再建には、大量の木材や赤瓦などが必要なうえ、職人の確保など課題は多い。

【写真】1992年の復元当時の設計記録をもとに資材調達の難しさを説明する中本清さん=2019年11月1日午後4時44分、那覇市首里山川町、伊藤和行撮影

 「木材の調達はかなり難しいだろう」。那覇市の1級建築士中本清さん(71)はそう懸念する。焼失した正殿や北殿、南殿・番所などは、1992年に完成した。中本さんはそのときに設計責任者を務めた。

 中本さんによると、強風や重い赤瓦屋根に耐えるため、直径1・5メートル以上、長さ約10メートルで湿気に強い木が百数十本は必要だった。本州の山林に、求めているような木があったが、地元の承諾などが得られず伐採できなかった。

 調達できたのは、台湾のヒノキだった。「設計図は残っているので費用と資材が整えば再建は可能。だが、今は環境保護の意識も以前より高くなっている。調達できるだろうか」と心配する。

 内閣府沖縄総合事務局によると、当時の整備費は、今回焼失した正殿が33億円、北殿と南殿・番所、奉神門(ほうしんもん)に計21億円、書院・鎖之間(さすのま)や黄金御殿(くがにうどぅん)、二階御殿(にーけーうどぅん)などに19億円の計73億円だった。

















2日午後5時35分ごろ、鹿児島県三島村の薩摩硫黄島で小規模な噴火が発生した。灰白色の噴煙が火口から1000メートル以上まで上がった。気象庁は噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げた。今後も火口から半径1キロ程度の範囲に噴石を飛散させる小規模な噴火が発生する可能性があるとして、警戒を呼びかけている。噴火は2013年6月5日以来。

 三島村によると同島には60世帯115人(1日時点)が居住している。人的被害は確認されていないという。

















PS:









南アフリカは、テーブルマウンテン🇿🇦











イギリスは、バッキンガム宮殿🇬🇧











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM