チート 🎬

  • 2019.12.02 Monday
  • 18:59













ニューヨークの投資家ディック・ハーディの妻イーディス(ファニー・ウォード)は社交的な女性であり、浪費家であった。投資が不調のハーディは、イーディスに浪費を慎むようたしなめるが、イーディスにはその気はなかった。彼女は赤十字の寄付金収集にも協力していたが、知人の投資家からもたらされた有望株の情報に飛びつき、預かっていた寄付金1万ドルを投資に流用してしまう。

日本人の富豪ヒシュル・トリ(漢字表記は「鳥居」の模様[1])は、自らの所有物には必ず『鳥居』の焼印を押し、『所有物』であることを示す骨董商で、副業として高利貸しをやっていてその取り立ての厳しさからロングアイランドの上流階級の人々から恐れられていた。彼はかねてよりイーディスと親しくしており、イーディスに対し邪まな好意を持っていたが、当然ハーディはトリを快く思ってはいなかった。

イーディスの行った投資は失敗してしまい、途方にくれたイーディスはトリの元を訪れ、トリから1万ドルの借金をしてしまう。トリは喜んで金を貸すが、その条件はイーディスを愛人とすることであった。

ハーディが株で大もうけしたため、イーディスは夫に嘘をつき1万ドルを得る。彼女はトリの屋敷を訪れ借金を返そうとするがトリは受け付けない。トリはイーディスに迫るが、必死に抵抗するイーディスに激怒したトリは、イーディスを押さえつけ、その肩に自らの所有物である旨の『鳥居』の焼印を押す。ショックを受けたイーディスは、そばにあった拳銃でトリを撃ってしまう。

妻の不審な行動を心配したハーディはトリ邸に侵入し、イーディスがトリを撃ったことを知る。妻を守るべくハーディは罪をかぶり、逮捕される。

イーディスはトリの元を訪れ、必死に真実を明かすよう懇願するが、トリはイーディスとは目も合わさず、『事件はすでに法の手中にある。貴女に二度は騙されない』と言い、追い返す。

裁判が始まるも、正当防衛を主張するだけのハーディには有利な条件がない。証人であるトリも『撃ったのはハーディである』と証言する。ハーディの有罪が宣告されたそのとき、イーディスは法廷で肩をあらわにし、自らがトリを撃ったこと、焼印を押されるに至った経緯を叫ぶ。傍聴人は激怒し、トリは身の危険を感じて逃げ出す。ハーディの容疑は晴れ、妻イーディスとハーディは、傍聴人の拍手の中、揚々と法廷を後にする














簡単に言うと、政権交代してお金が無くなり


奴隷になりかけたが、ベルギー王立に預金していて


生き残ったような物語。
















もうベルギー王立の口座に預金は、ないのにね。


行くとバレるチート返し。













////////////////////////

















ジュビロ磐田 降格ですね。


裏切り者や 奴隷党に ご注意。













最初から


バレバレで鳥肌ですわ、リョーター。



















結局 金目当てのダイハード。




















PS:









最近の近況?


頼んでるピザ屋の店員が美人で驚いたこと。













コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM